ホームヘルパーという仕事について

ホームヘルパーとして働くためには公的な資格が必要になります。自治体や民間が運営する厚生労働省指定の養成機関で所定の講習を受講すると、試験なしで資格を取得することが出来ます。ホームヘルパーには1級から3級まであり、介護の仕事をするためには2級以上の資格を取得しておいた方が良いです。ホームヘルパーの一般的な仕事先は、自治体や民間団体が運営する各種介護施設や老人ホームなどです。主な仕事内容は、高齢者や身体障害者の生活支援と身体介護になります。生活援助とは、洗濯や掃除、買い物、調理などの家事全般の手伝いをすることです。どの範囲までの世話をするかは、利用者本人や家族と話し合って決めます。次に身体介護とは、食事や排泄の介助、体位の交換、衣服の着替えの手伝いなど要介護者の身体的な世話をすることを言います。 Continue reading